函館バス製作しました(東急バス塗り替え)

函館バススケールモデル

東急バスのプラモデルを使って函館バスを作りました。アオシマ製、窓ワク用マスキングシールも付属していて、親切で良いキットです。

1.キットの紹介

外箱

使用キットは、アオシマ製、1/80 三菱ふそう MP38エアロスター(東急バス)。

ランナー

1/80なので小さい。

ボディパーツ
高評価ポイント

1.窓塗り分けのためのマスキングシールが付いている。

窓ワク用マスキングシール

2.前方ドアが開閉選択式(可動はしない)

3.後ろのドア、うまく削り込めば開閉可能

注:写真のフィギュアはキットに付属していません。

2.コンセプト

キットは東急バスとなっているが、函館バスとしてつくる。
25系統、新函館北斗駅行き。設定が細かい。
新函館北斗駅は、現在一番北にある北海道新幹線の駅である。

しかし、北海道新幹線が通ったおかげで、ウォルの実家近くを通っているJRは、第三セクターになってしまいました。「日本一貧乏な観光列車」で検索するとヒットします。

3.製作

3.1.車体部分の製作

タイヤとシャーシー

ホイールとタイヤに分かれているので塗り分けしやすい。タイヤはプラスチック製。

シャーシー部分は上側グレー、下側セミグロスブラックで塗装。

椅子の配置換え、荷物置き場

組立説明図だと、椅子が沢山並んでいるが、
新函館北斗駅行きは、前の椅子が取り払われ、荷物置き場になっている。

説明書の図

作り替えた。

車体

左前椅子の向きを変える。

プラ板で荷物置き場を作り、0.5mmのプラ棒で手すりをつくる。

ココには、整理券を出す箱があるはずなので、プラ板で作った。

車体全体

デカールも貼っておく。

乗客と小物

運転手、乗客は情景コレクションの着席人を使用。1/80

フィギュア3体

運転手は、ランナーの切れ端とプラ板で帽子を自作。腕が無いが運転席に乗せてハンドルつけてから取り付ける。青い服の人はこのあと服の模様も描いた。

プラ板とプラ棒でスーツケースを作った。これは青い服の人の荷物である。

前から撮った車内
横から撮った車内

シャーシ側の完成である。

3.2.ボディ部分の製作

ボディはフラットアルミで塗装。最初、ガンクロームで塗装したらテカテカしすぎているので塗り直した。裏はクリーム色と黒で塗り分けている。

中のつり革、手すりなども接着。

デカール自作。

赤ラインは塗装の方が良かったかなあ?

窓の塗り分け。マスキングシールが添付されている。が、曲面は剥がれてくる。

ワイパーの部分は、マジックで塗った。

ボディ正面

横と後ろの窓は、エナメルのクリヤーグリーンで塗ったが綺麗に塗れない。すりガラスのようになってしまった。

ボディ後ろ

エナメルのエアブラシなんて、普段やらないから難しい。

後ろのドアは開閉できそうである。下と上にスライドする溝がある。

車体の下の溝は、赤三角の部分に突起があって、スライドさせるためにはここを削っておく必要がある。ここは削ったが、塗装や接着剤の影響で上のスライド溝が滑らかでないので、スムーズに開閉できなかった。

シャーシにボディを被せたが、ミス発見!

左側面

出口側に案内掲示があるのはおかしいことに気が付いた
このキットは前が入り口で後ろが出口だった。函館バスは逆なので、後ろのドア付近に案内掲示がないとおかしい。

なんとか再びボディを外し、すでに接着した案内掲示板をひっぺがし、後ろに付けた。

左側面

おかげで接着跡が残り汚くなってしまった。
上の窓でなく、下の窓に付けた方がよかったかもしれない。まあいいか。

さらに、広告を適当に作って貼り付けた。

4.完成

函館バス
函館バス
函館バス
函館バス
函館バス
函館バス
函館バス
函館バス
函館バス

5.使用したもの

5.1.塗料

ボディ銀:LP-38 フラットアルミ(TL)
ボディ赤:C68 モンザレッド(C)
■シャーシ他:セミグロスブラック→C2ブラック(C)+C33つや消しブラック(C)
手すりなど:C58黄橙色(C)
座席:NC-009コバルトバイオレット(G)
■タイヤ:N77タイヤブラック(A)
 ※いつもNATOブラックかラバーブラックを使うが、古びた感じを出したかったのでタイヤブラックを使った。
ホイール:C104ガンクローム(C)
ウインカー、ストップランプなど:X-26クリヤーオレンジ(TE)、X-27クリヤーレッド(TE)
ウインドウ:X-25クリヤーグリーン(TE)

A+B : AとBを混ぜて使用

(C)クレオスMr.カラー、(G)ガイアノーツカラー、(A)クレオスアクリジョン、
(TL)タミヤラッカー、(TA)タミヤアクリル、(TE)タミヤエナメル

5.2.キット

普段、自分が乗る乗り物などを作ってみては?↓

運転手、乗客はこれを使いました↓

5.3.その他

使用した自作デカールはこちらの記事を参照のこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました