エアブラシの使い方(基本)<初心者向け>

模型製作技術

初心者向けにエアブラシの使い方のポイントをまとめておく。よく使われるダブルアクションを中心に書く。今回、初心者向けなので、知ってほしいこと、注意して欲しい内容とする。また、ウォルの経験に基づいて書いているので、必ずしも最適解とは限らないが、初心者向けガイドになればと思う。

1.基本的な操作方法と名称

すでに知っているかもしれないが、基本事項をおさらいしておく。

1.1.エアブラシの動作原理

エアブラシの動作の仕組みは下図の通りである。

エアブラシの仕組み
エアブラシの仕組み

コンプレッサーが圧縮空気をハンドピースに送る。ハンドピースに塗料を入れ、空気と塗料を出すと、ミスト状になった塗料が勢いよく噴射され、部材が塗装される。

1.2.ハンドピースの各部名称と機能

ハンドピースの各部名称と機能は下図の通りである。
※メーカーによって呼び方が統一されていない。でも呼び方を決めておかないと説明しにくい。

ダブルアクションの例

知っておくべき事項
塗料カップ:塗料を入れる場所
ボタン:押すと空気が出る、引くと塗料が出る。押したまま引くと塗料が噴射される
エアバルブ:ここにホースを接続する
ニードルキャップ、ノズルキャップ:先端のニードルを保護するカバー

初心者はわからなくてもOK↓
ニードルストッパー:ボタンの最大引き量を少なく調整できる
空気調整ツマミ:噴射する空気量を少なく調整できる(高級機のみ)

2.塗装の準備

まず、塗装前の準備だ。

2.1.換気と養生

エアブラシ塗装では、塗料をミスト状にして噴射する。部屋の中に塗料のミストが充満すると健康に良くないので、換気を行い、マスクなどをする

換気は、塗装ブースを使う、外(ベランダなど)で塗装する、などの対策を行う。
また、部屋の中の空中の塗料を追い出すために、扇風機やサーキュレーターを回すと良い。

また、汚れ防止のため、新聞紙を敷く、使い捨てのゴムやビニール手袋、エプロンなどもあると良い。

2.2.埃対策

戦車など汚すことを前提とした模型は、埃は気にならないが、車(カーモデル)などピカピカに仕上げる模型は、埃が付いていると目立つ。

従って、光沢塗装(ピカピカ塗装)の時は、埃は気を使った方が良い。具体的な対策は下記である。

(1) 各道具類に埃が付いていないか?

まず、道具に埃がついていることがあるので、塗装前に掃除すると良い。

チェック箇所

・ハンドピースの塗料カップの中、フタ
・塗料皿
・スポイトや攪拌棒

塗料びんやうすめ液ボトルの中に、すでに埃が入り込んでいることもある。フタを長時間、開けっ放しにしていたり、埃がついたままのスポイトや攪拌棒を、びん、ボトルに入れることで発生する。

埃が混じってしまったら、どうしようもない。
道具類は、使う前に一度、エアーを吹く、うすめ液を入れて捨てるなど、掃除しておく。

(2) パーツに埃が付いていないか?

パーツも埃が付着しているかもしれない。そのまま吹くと、埃の上から塗装してしまうかもしれない。
塗装直前に、ハケではらう、エアで吹くようにしておく。ハケは除電ブラシを使うとよい。
順番は除電ブラシ→ブロアーだ。

除電ブラシは、部品に吸着して吹き飛ばせない埃をはらい、さらにブロアーで吹き飛ばす。
ハンドピースがダブルアクションの場合、空気だけ出せるので、エアブラシで吹き飛ばしても良い。

(3) それでも付くときは付く!

クリーンルームで塗装するわけではないから、埃は付くときは付く。付いたらあきらめる。しかも、圧縮空気は埃を吸いつけやすい?らしい。また水(ドレン)も出やすい。

埃が付いたら、初心者は難しいかもしれないが、中~上級者はすぐピンセットで取り除いたり、乾いた後、紙ヤスリで削り落としたりする。削り落とすと、下地が露出したり、凹凸が発生するのでリカバーが難しい。

下地が露出したら、また上から吹けばいいんじゃね?←それは正しいけどやってみたらわかる。均一な塗装面にならずムラになりやすい。

埃を嫌って、裸で塗装するとか、塗料と同じ色の服を着て塗装する、と言う人もいるらしい。今着ている服の繊維が付着しても、塗料と同じ色だから目立たないというわけだ。

2.3.試し吹きをする

塗料を薄めて、試し吹きしよう。

(1) 塗料をかき混ぜる

塗料を取り出す前に良くかき混ぜる。かき混ぜるではない!良くだ、良く!

成分が分離していることがある。底に白い塗料が沈殿していることが多い。
気づかずに使うと、最初は色が濃かったのに、残りが少なくなる頃は色が白っぽくなるのだ。
ウォルは初心者のとき、これをやってしまった。同じビンから出した塗料なのに、最初に塗装したときと今とどうして色が違うんだろう?と。かき混ぜてはいたが、かき混ぜ方が足りなかったのだ!

(2) 薄める

原液のままでは濃いので、溶剤(うすめ液)で薄めて使う。塗料の種類に合った溶剤で薄める。なお、水性塗料は専用の溶剤の他、水が使える。

どのくらい薄めるべきかは、塗料の種類、現在の塗料の濃度、コンプレッサーの圧力、つや消しか、光沢か、光沢の最初の塗装なのか、仕上げ塗装なのか、細吹きしたいのか、ハンドピースを動かすスピードは速くかゆっくりか、遠くから吹くのか、近くから吹くのかにも関係してくる。

さっぱりわからないって?

初心者は、最適な希釈はその場、その場で異なるということを知っておけばよい。

しかし、初心者にはそれではどのくらい薄めて良いかさっぱりわからないから、だいたいこんな感じ?と言う目安を示す

よく言われるのが、ミルクのような粘度である。水のようだと薄すぎる。トロトロしていると濃すぎる。

希釈した塗料の入った塗料皿
ミルクくらいの濃度に薄める

塗料別だと大体次の表くらいに薄めるのが標準的である。

種類塗料 vs 溶剤備考
ラッカー系塗料塗料1 : 溶剤2~4水性に比べ、割といい加減な希釈でもそれなりに吹けるのでラク
エナメル系塗料塗料1 : 溶剤0.3~0.8やや濃い目に希釈。薄いと色が乗らない。
水性系塗料塗料1 : 溶剤0.3~0.8やや濃い目に希釈。濃いので空気圧が高めでないと吹きづらい
希釈表

注意:この表は、全くわからない人向けに、大体このくらい?を数値で表したものだ。

量を測ったり、重さを測ったりしないで、自分の感覚で薄めて欲しい。
何度も経験しているうちに、自分のエアブラシ環境だと、大体このくらいの濃さがちょうどいい、と言う感覚が分かってくる。毎回測ることにたよっていると、この感覚がいつまでも身に付かない。

(3) 混ぜ方

通常は、塗料と溶剤を塗料皿に出して、攪拌棒で混ぜる。ミルクくらいの粘度になるように。

塗料と溶剤と塗料皿
塗料皿に出して混ぜる

中~上級者には、ハンドピースの塗料カップに直接、溶剤と塗料を入れ、うがい(※1)で混ぜる人もいる。入れる順番は、溶剤→塗料の順。先に塗料を入れると詰まる可能性がある。希釈が濃いか薄いかは、うがいのときの泡がはじける様子を見て判断する。

※1:うがい

ハンドピースを清掃するときに使うワザ。ニードルキャップを指で押さえ、あるいは緩めた状態でエアブラシを吹き、先端から吹かずに逆流させるやり方。
詳しく知りたい人は5.エアブラシの清掃の仕方に記載した記事で紹介するので、そっちを見てほしい。

(4) 吹き方

シングルアクション

(0)ホースでコンプレッサーとハンドピースを接続し、コンプレッサーの電源スイッチを入れる。
(1)ニードルアジャスターを閉めておく。(塗料を出さない)
(2)塗料カップに希釈した塗料を入れる。
(3)ニードルアジャスターを緩める。(塗料を出す)
(4)ボタンを真っすぐ下に押す。(空気を出す)
※ニードルアジャスターは、ダブルアクションの「引く」と同じ機能です。

ダブルアクション

(0)ホースでコンプレッサーとハンドピースを接続し、コンプレッサーの電源スイッチを入れる。
(1)塗料カップに希釈した塗料を入れる。
(2)ボタンを真っすぐ下に押す。(空気を出す)
(3)ボタンを下に押したまま手前に引く。(塗料も出す)

(5) 試し吹きをする

イイ感じに薄めたら、試し吹きして確認する。試し吹きをするものは、不要パーツやランナーでも良いが、牛乳パックの裏などを利用するとお手軽だ。

切った牛乳パック
切った牛乳パック

濃い?薄い?のサンプルを作ってみた。使用した塗料は、Mr.カラーのルマングリーン(ラッカー系)。

濃い場合、つぶつぶが飛び散ったりする。ひどいときはハンドピースが詰まって吹けなくなる。
薄い場合、塗料が風圧で逃げたり(動いたり)、垂れてきたりする。

ただし、粒が飛ぶ、垂れるなどの現象も、対象物との距離、エア圧などで変わってくる。
何言っているかわからない?経験が足りんよ、君ぃ。

3.塗装の仕方

少し練習すれば、それなりに吹けるようになります。

(1) パーツとの距離

単純に、パーツ全体を全面ベタ塗りするとする。
パーツとハンドピースとの距離。しいて言えば、5~15cm離して吹く。

パーツとハンドピースの図
パーツとハンドピースの距離

5~15cmってもっと正確に教えてくれよ!→教えようがない!!
これも各条件で異なるので正解は無い。場合によっては1cm位で吹いた方が良いときもあるし、20cmくらい離した方が良いときもあるだろう。

まあ初心者は、まずは10cmくらで吹いてください。慣れてきたら色々考えてください。

(2) ハンドピースの動かし方

ハンドピースを常に動かしながら吹く。場合によっては、パーツの方も動かして塗装する。

どのように動かすかについても同じく正解は無い。
くるくる回すように吹く人もいるが、(1)縦方向に動かすか、(2)横方向に動かすかが良いと思う。

線を並べて行くように塗装する。

ポイントは、パーツの外から吹き始め、パーツの外でUターンさせ、パーツの外で吹き終わる。

なぜかというと、吹き始め&終わりはスピードが遅くなるので色が濃くなる。実際やってみればすぐわかる。Uターンも2回重ねて吹くので色が濃くなってしまう。

縦に動かす理由

縦に動かしても、横に動かしてもいいが、ウォルの好みは縦だ。理由がある。縦は手首のスナップを効かることで、横にブレにくいからだ。腕ごと動かすと蛇行しやすい。

左右に振ると手首のスナップを効かせにくいので、縦に振っている。
パーツが大きいと上下に振っても、ハンドピースの角度が急になり、パーツとの距離が大きく変化するので、腕全体を動かすか、パーツの方を動かす必要がある。

(3) 何回か重ねて吹く

一度吹いただけでは色が乗らない(薄い)ことがあるので、その場合、何回か重ねて吹く。
特に、隠蔽力の低い塗料(白、黄、赤など)は、重ねる回数を多くしないと、発色しない。

吹くときに、薄く何度も少しずつ重ねて吹く方法と、一度にドバっと吹いてしまう方法とある。
初心者は、様子を見ながら何度も重ねて吹く方が良いと思うが、上級者はベタ塗りの場合は一気に吹く人が多い。しかし、迷彩塗装などは、上級者でも様子を見ながら少しずつ吹く場合が多い。

何言ってるかわからない?使い分けだよ、君ぃ。

4.エアブラシはつや消しになりやすい

エアブラシ塗装は筆塗りより、つや消しになりやすい。
光沢塗料を使ったからと言って必ず光沢になるとは限らない

筆は液体を直接塗るので、表面張力で表面が滑らかになるので、光沢(ツヤツヤ)が出やすい。
エアブラシは、塗料が飛んでいくうちにある程度乾くので、粒々が付着し凹凸になりやすいので、つや消し(ザラザラ)になりやすい。

光沢にするには、希釈を薄くする、距離を近づける、リターダーの入ったうすめ液を使う、圧高めのコンプレッサーを使う、口径小さめのハンドピースを使う、などの工夫が必要である。

5.清掃の仕方

ハンドピースの清掃の仕方はこの記事を参照のこと。うがいの仕方も書いてある。

6.エアブラシ参考記事

初心者が初めてプラモデルの塗装するときに知っておくこと

エアブラシだけでなく、筆塗り、缶スプレー、各種塗料など、塗装に関する概要、考え方を説明している。

エアブラシ塗装に必要なもの<初心者向け>

エアブラシ塗装に必要な道具類を一通り紹介している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました