フォッケウルフ1/72筆塗り塗装しました

スケールモデル

多分メッサーシュミットの方が人気あるだろうが、ウォルはフォッケウルフの方が好き。筆塗りで全塗装しました。使用塗料はアクリジョン。

フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真
フォッケウルフFw190 A3 1/72 筆塗り完成

ウォルは筆塗り製作は5回目くらいなので大して経験はありませんが、感じたことなどをメモしておこうかと思います。

1.製作コンセプト

フォッケウルフをアクリジョンの筆塗りで塗装作成する。 冬はベランダでのエアブラシ塗装はとても辛いのです。また、筆塗りも練習しなければということで。

使用キットはタミヤのFOCKE WULF Fw190 A3 1/72
特にパーツ数が多くも少なくもなく普通である。タミヤなのでもちろん作りやすいキットである。

2.製作ポイント

組み立てに関しては、特に説明するような重要ポイントはない。特にディテールアップもせず、そのまま普通に組み立てました。

2.1 コックピットの製作

コックピットを製作しました。適当にそれらしく筆塗りです。

2.2 機体の組み立て

機体を組み立てました。尾翼と先端下部の黄色を、なんとなく先に筆塗りしておきました。

細かい部品は、切り離してからだと塗りづらいので、ランナー状態であらかじめ筆塗り。切り口はあとでさらに筆塗り。

細かいパーツの塗装写真
ランナー状態で細かいパーツを塗装しておく

3.筆塗り塗装

3.1 面相筆1本で塗装

使用した筆は、タミヤ 面相筆 細。これしか使っていません。平筆も、極細も未使用。これ1本。

3.2 筆での塗装方法

パネルを一つの単位として、パネルごとに塗っていく。大きい平筆で一気に塗らずに、面相筆でちょっとずつ塗っていく。

パネル単位での塗装写真
パネル単位で塗装する

こんな感じでいいのかどうかはわからないけど、筆運びはこんな感じにしています。

1-1~1-4は続けてすぐに塗装しているが、乾いてから2-1を塗装、2-1が乾いてから3-1を塗装、乾いてから4-1を塗装している。なので時間がかかる。

縦方向に筋目を残したい場合は、縦を最後に(4-1)に塗ると良いのではないだろうか?

グレーの成型色にグレーで塗ったので、塗れたかどうかが良くわからなかったよ。

3.3 塗料がたまらないように塗ること

筆で塗っていくと、塗料がたまってしまうことがある。筆運びの終わりで塗料がたまりやすい。

乾くまで待ってからリカバーした方がいいか、すぐに対処した方がいいか迷った。すぐに筆を重ねるとムラになるかと思ったので、このまま乾かしたら単に塗料だまり跡が残るだけだった。塗料がたまってしまった部分は、筆をさらに重ねて運び、たまった塗料を逃がしておく方がよさそうだ。

3.4 濃度調整が難しいと思う

慣れないと塗料の濃度調整が難しい。
最初は原液から、エアブラシ用のうすめ液で希釈してから(塗料4:うすめ液1くらいかな?)塗装したら少し薄かった。少し乾いてきたら快適な濃度で塗装できるようになった。しかし、塗っているうちに時間が経って、さらに濃度が濃くなって塗りにくくなってきた。そこで、またうすめ液を少し加えたら、今度はまた薄くなりすぎた。

塗料の希釈写真
どのくらい希釈すればよいか難しい

刻一刻と濃度が変化していくので、筆塗りに最適な濃度に保つことが難しい。
エアブラシ塗装(ラッカー)では、ある程度慣れると、希釈してかき混ぜたときの雰囲気で、塗る前に、大体このくらいの濃さでOKとか、あ?これはちょっと詰まるなとか、薄すぎたなと感覚的にわかる(その直感は、ほぼ100%当たる)ので、筆塗り希釈も慣れの問題だろうか?

3.5 最初にスミ入れしておいた

パネルラインの凹モールドをアクリジョンのブラックで塗装し、スミ入れの代わりとする。その上から機体色を塗装した。

このやり方がいいかどうかはわからない。この制作場所ではエナメルが無かったので、塗料は全てアクリジョン。

3.6 迷彩の塗装

迷彩模様はアウトラインを出しておき、横、斜め、逆斜め、縦のように筆運びの方向を変えながら、4回くらい重ね塗りしていく。胴体を塗ったときと特にやり方は変わらない。

3.7 筆塗りは光沢感3割増しになる?ので注意

なぜかわからないが、筆塗りだと、エアブラシに比べて強めにつやが出やすい。
エアブラシより3割増し程度、光沢寄りに仕上がる印象を受けた。
エアブラシだと、ラッカーの光沢塗料でも、光沢になるように注意して吹かないと、逆につや消しになってしまうことがあるが、筆塗りはなんとなく塗っているだけでも、テッカテカになる。
飛行機モデルは光沢が好きなのでそのままにしているが、つや消しにしたいならしっかりフラットベースを加えたり、つや消しクリアーを吹くとかした方がよさそう。

3.8 ぼかし塗装はスポンジを使用

ぼかした、砂を撒いたような感じの塗装は、スポンジの切れ端に塗料を染み込ませて、わずかに塗料が付いている状態で、叩くようにして塗装した。

スポンジによる塗装写真
スポンジを使った塗装
スポンジ塗装後の写真
スポンジ塗装後の写真

3.9 キャノピーをフリーハンドで塗装

キャノピーの枠のような細かい部分は、ルーペで拡大しながら筆で塗装した。フリーハンドである。

まず裏側をつや消しブラックで塗装。表から機体色で塗装した。

普通に機体色で塗装しただけだと、ぼやっとした感じになるが、あらかじめ裏からブラックで塗装しておくことで、エッジが効いてシャキッとした感じになる。

4.組み立て

キャノピー(風防)を開状態で取り付けた。

キャノピーの取り付け写真
キャノピーを取り付けた

プロペラや脚など小物類も取り付けた。

プロペラ類の取り付け写真
プロペラ類の取り付け

5.デカールの貼り付け

各種デカールを貼り付けた。デカールにはナチスマークが入っていた。ウォルは特に気にならないので貼ってみたいのだが、ネット上で完成写真を見せると、不快に思う人もいるだろうからあえて貼らなかった。

ナチスマークのデカール写真
ナチスマークのデカール

6.細部の組み立て

6.1 アンテナ線は伸ばしランナーで

キャノピーから尾翼に張ってあるアンテナ線は、伸ばしランナーを取り付けた。

キャノピーを閉めた状態だとピンと張っているので、キャノピーを開けた状態だと弛んだ状態になるはず。

組立説明書のアンテナ線の図
組み立て説明書のアンテナの図

ということで、わざと弛ませてつけた。

7.完成写真

フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真

レシプロ機は前から撮るのが一番カッコよく見えると思う。

フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真
フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真

逆に後ろの上側から撮ると、一番カッコ悪く見える。

フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真

後ろの下側から撮った場合は、まあまあカッコよい。

フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真
フォッケウルフFw190 A3 プラモデル完成写真

やっぱり、メッサーシュミットよりこっちの方がかっこいいな。

8.使用したもの

8.1 塗料

〇サーフェイサー:未使用
機体:N61 明灰白色(A)
機体:N61 明灰白色 + N32 ジャーマングレー + N36 暗緑色(中島系)(A)
機体:N24 黄橙色(A)
■プロペラなど:N12 つや消しブラック(A)
▽スミ入れ、ウェザリング:なし

※(A)クレオス・アクリジョン
※A+B+C:A,B,Cを混ぜて使用したことを示す。

8.2 使用筆

この筆しか使ってません。200~300円位だし。

タミヤ メイクアップ材シリーズ No.49 モデリングブラシ HF 面相筆 細 87049

8.3 使用キット

800円くらいで安価なので筆塗りの練習に良いです。

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.66 ドイツ空軍 フォッケウルフ Fw190 A-3 プラモデル 60766

9.あとがき

筆で塗ってそれなりにムラはあるのですが、完成するとなぜかあまり気になりません。おそらく、完成するとムラよりも迷彩模様とかデカール模様とかの方に注意が行くので、ムラが気にならなく(目に入らなく)なるのだと思います。
少しずつ、何度も重ねて塗装するので、エアブラシに比べると時間はかかります。
筆塗りは上級者向けと思っていましたが、数キット作る練習すれば、ある程度まあまあな作品ができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました