竈門炭治郎作りました(バンダイ・プラモデル)

キャラクターモデル
この記事は約7分で読めます。

2月3日は節分です。豆撒いてもいいけど、炭治郎作って配備し鬼退治せよ!この記事では塗装したけど、さすがバンダイ、塗装しなくても素晴らしい出来。半日で組めるので今からでも間に合う!今すぐ作って節分までに配備だ!

1.使用キット

使用キットはバンダイスピリッツ・鬼滅模型・竈門炭治郎。鬼滅の刃に登場する主人公である。

外箱
特徴

〇ポーズは固定で手足は稼働しない。
 その代わり関節の隙間が無いので造形はリアルで、簡単に作れる。
〇ニッパーは必要だが、接着、塗装不要と書かれている。
 シール貼っただけでも見栄え良くなる。このキットではシール貼ってないが、前回、煉獄杏寿郎を作ったときに確認済み。

ランナー

顔のランナー。バンダイ驚異の技術力。すでに色分けされている。

顔のパーツ

羽織は緑ランナーで、市松模様があらかじめ塗装済。

羽織のパーツ

シール付属

付属シール

爪まで造形されている。

手のパーツ

2.製作コンセプト

あまり手間をかけないつもりだが、そこそこ手間をかける。
中途半端だな。
細かいところまで造形を作り込まないが、合わせ目消しと塗装はしたい。

3.製作

3.1.仮組

顔の部分は、目、口、歯のパーツを組み合わせて皮膚のパーツに組み込む。

顔パーツ
組立た頭

耳飾りが肌色なので、シール貼るか塗装する必要あり。

羽織

羽織は、合わせ目がちょうど模様の境目に来るようになっているので、合わせ目が目立たない。
素晴らしい。

羽織のパーツ

衣装

衣装は左右に合わせ目ができる。

衣装のパーツ

すねの縫い目。

脛のパーツ

手の合わせ目消しは難しそう。

手

手の合わせ目を消すなら、先に日輪刀の塗装を済ませる→手を接着→手の合わせ目を消す→手を塗装、だろうか。
しかし手を接着してしまうと、日輪刀だけ外せなくなるな・・・。
今回は合わせ目消ししない。

日輪刀の鞘

刀の鞘も合わせ目ができる。

刀の鞘

仮組完成

ああ、これで十分じゃないですか。シールはまだ貼ってない状態。

塗装しなくても、これで全然OKだと思う。さすが、バンダイ!素晴らしい出来!
ポーズは変えられないけど、むしろこれで全然いい!可動すると関節が美しくないので。

3.2.造形

衣装の合わせ目消しは「するな」!

衣装の合わせ目消しに精を出していたのだが・・・。

お、おれは、唐突に気が付いてしまった・・・合わせ目消しをしてはいけないことに!

めんどうだから合わせ目消ししないではなく、してはいけないのです!
自分は合わせ目消しなんてできません・・・いや、このキット(煉獄さんも同じ)はしない方が良いんです。消すとむしろおかしなことになるんです!みなさんは気が付きましたか?

以下その理由!

衣装には、縫い目と言うものがあるのだよ。

炭治郎の衣装の絵

現在なら、縫い目のない下着とかあるが、鬼滅の刃は大正時代だぞ?衣装は針と糸で縫ったんじゃないの?

気づきが遅い!(「判断が遅い」鬼滅の刃、鱗滝左近次のセリフのまね)
ウォル、お前はとにかく気づきが遅い。作業開始前に気が付かなかった。
なぜか。お前の覚悟が甘いからだ!
うわ、鱗滝さん、ごめんなさい!

消した合わせ目を、再びニードルで掘り起こしました。なにやってんだか・・・。

ズボン拡大写真

袖は筒のように作るだろうから、上だけ消すとよいかな。

腕のパーツ

脛のパーツと刀の鞘の合わせ目は、技術があるなら、遠慮せず消すべし。

脛のパーツ
脛のパーツ。合わせ目消し前と後
鞘
鞘のパーツ。合わせ目消し前と後

脛のパーツ差し込みに注意

ズボンのパーツに脛のパーツを差し込むのだが、差し込みがきつめになっている。
ズボンのパーツを接着したあと、脛のパーツを差し込むと、接着した箇所が割れる可能性がある。

従ってあらかじめ、差し込み部分を削って緩くしておく。

※これはやらかす前に気が付いたよ、鱗滝さん、ほめてほめて~。

脛のパーツとヤスリ

3.3.塗装

羽織の裏

羽織の裏は、イラストなどを見ると灰色。
やや赤みのあるグレーのような気がしたのでC332ライトエアクラフトグレーで塗装した。

羽織の裏

顔は塗装しない、成型色のまま。耳飾りだけ筆塗り。

顔と耳飾り

黒い線は極細のペンで描いた。

耳飾り

なお、厚みがあるので、精密に作りたい人は、0.3mmくらいのプラ板を切って作っても良いと思う。
強度とトレードオフになるが・・・。

衣装

衣装の茶色は成型色のまま。

ボタンはシルバー、襟や背中の文字は、明るいグレー(ガイアノーツ、ニュートラルグレーⅠ)で筆塗り。周りが暗い色だから、対比効果でグレーでも十分白に見えます
通常の、C1ホワイト(クレオス)や001ピュアホワイト(ガイアノーツ)ではなく、なぜあえてグレーで塗装したかわかりますか?

白の使いどころ

白以上の真っ白は存在しないからです。
あえて暗めの白を使うことで、最も白に見せたい部分を目立たせることができます。

本当の白は、最も光輝く、ここぞ!という箇所のために、使わずに取っておく

白の塗装説明

ベルト

ベルトって白なんですが、これおかしくないですか?
※ちなみにこれも純粋な白(C1ホワイト)ではなく、わずかにクリーム色に振った白(C316ホワイト)を使って塗装しています。

ベルト

アニメなどをみても白になっています。

ここが白だとすると、炭治郎は下図のようなズボンを穿いていることになるぞ!?

炭治郎のズボンの絵

ということで、こんなふうに塗装し直しました。

塗装し直したベルト

脛の部分は、C311グレーで塗装する。ここも白じゃなく少し濁った白にする。アイボリーのような色。袖口はキット成型色のままにした。

脛、ベルト、袖口

草履

鼻緒はC68モンザレッドで筆塗り。C81あずき色にしようかと思ったが、下地が暗い色なので明るめの色にした。(赤は隠ぺい力が低いので、暗い色の上に塗ると必然的に暗い色になるため)

草履

草履裏は、成型色にスミ入れをしたもの。草履の裏の赤い点は鼻緒の結び目である。

日輪刀

鞘はブラックに両端をシルバー。
マスキングテープを切って、刃文をシSM206クロームシルバーで塗装した。

日輪刀

クロームシルバーの輝きが素晴らしいので、このままにしておきたかったが、炭治郎の日輪刀は黒なので、さらにC28黒鉄色を重ねた。輝きが多少失われた。残念。

柄の部分は赤で、赤は隠ぺい力が低いため、下地に白を塗ってからC62モンザレッドを筆塗りした。

柄巻の部分(赤の周り)はC33つや消しブラック。
AVC01グラファイトブラックは、メタリックカラーだが、革のような風合いが出てよい。
限定カラーでもう販売して無いので入手困難。

3.4.影つけ、つやの調整

クレオスのウェザリングカラー、フィルタリキッドで影を入れた。

ウェザリングカラーとパーツ

しかし、このあとクリアを吹いたら、影入れた部分が全く判別できなくなった。

日輪刀、眼のパーツ、ベルト、髪はそのままにしておく。

顔と、衣装のパーツはつや消しクリアを吹いた。ボタンのシルバーはマスキングしてある。

顔と衣装のパーツ

つや消し吹いたけどつやがある・・・。半光沢くらいか?まあいい。
すごい痛いのを我慢してた!!
俺は長男だから我慢できたけど、次男だったら我慢できなかった・・・。

4.完成

竈門炭治郎完成

頑張れ!!

竈門炭治郎完成

俺は今までよくやってきた!!

竈門炭治郎完成

俺はできる奴だ!

竈門炭治郎完成

そして今日も!!これからも!!

竈門炭治郎完成

折れていても!!

竈門炭治郎完成

俺が挫けることは絶対にない!!

竈門炭治郎完成

逃げるな!卑怯者ー!戦えー!

竈門炭治郎完成

逃げるなァー!!

竈門炭治郎完成

煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだァー!!

5.使用したもの

5.1.使用キット

鬼滅模型、竈門炭治郎

使用したキットはこれ↑ですが、ヒノカミ神楽版もあります↓

刀のエフェクトが異なっている、羽織が少しメタリックを含ませた塗装になっている、全体的に炎を照り返しを受けた赤味を帯びた塗装になっている、ようです。

5.2.使用塗料

肌色:キット成型色の上に、つや消しクリア
耳飾り:071ニュートラルグレーⅠ(G)、073ニュートラルグレーⅢ(G)、UG05 MSグレー(C)、C68 モンザレッド(C)
髪:キット成型色
隊員服:成型色の上につや消しクリア、文字:071ニュートラルグレーⅠ(G)、ボタン:SM206クロームシルバー(C)
羽織裏地:C322 ライトエアクラフトグレー(C)
脛:C311グレー(C)
□ベルト:C316ホワイト(C)
草履鼻緒:C68 モンザレッド(C)
■日輪刀:SM206クロームシルバー(C)、C28黒鉄色(C)、GX209レッドゴールド(C)、C68モンザレッド(C)、C33つや消しブラック(C)、AVC01グラファイトブラック(C)
■他:ウェザリングカラー(C)

6.その他

こちらは、煉獄杏寿郎のキットの製作記事です。塗装は一切なしでシール貼ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました