簡単だった1/72 タイ・ファイター

スターウォーズ

1/72 Xウイングと1/72タイ・アドバンストを同時購入しましたが、
遅れて後から購入したバンダイ STARWARS 1/72タイ・ファイターとアドバンストを同時に作りました。
作ったのは同時だったと思う。

タイ・アドバンストは見てびっくり。一体どうなっているんだこのランナーは?
ダースベイダーやガンダムのランナーを見た時もびっくりしましたが。
プラモデル浦島太郎としては多色成形ランナーとかスナップフィットとか、
MGやRGの指のランナーなんて不思議でしょうがない。

↑Bランナー。黒とグレーと透明ランナーが重なってできている。

タイファイターはXウイングの1/4くらいの労力でできました。
ボディは明灰白色、キャノピー枠はニュートラルグレーで塗装。

ノーマルタイファイターのウイング部分を接着するときに、流し込み接着剤というのを初めて使いましたが、接着剤が流れたのかどうかさっぱりわからない。多めに流し込んでみたら、反対側から漏れてきて指に付着し、模型に指紋あとがついてしまったぞ。

このときは流し込み接着剤なんかもう使いたくないと思ったんだけど。今は流し込み接着剤の方が出番が多いな。

使用キット

スター・ウォーズ タイ・アドバンストx1 1/72スケール プラモデル

スター・ウォーズ タイ・ファイター 1/72スケール プラモデル

<ホームに戻る>

コメント

タイトルとURLをコピーしました