SWEET製 1/144 メッサーシュミット筆塗り製作しました

スケールモデル

SWEET製メッサーシュミットです。箱絵はキャラクター漫画イラストですが、キット自体は、硬派なスケールモデルで精密です。逆にキャラっぽいキットを期待して買うと失敗します。

1.キット紹介

使用キットはSWEET Bf109 F-4 WINTER VERSION

外箱

2機セット入り。

内容物

ランナーが白なので発色しやすそうである。

技あり(細かい配慮)

パーツ自体に、L、Rと書いてあり配慮が素晴らしい。

ただし、とってもちっちゃいモールドで書いてあるので、ルーペで見ないとわからん。

精密でなかなか良いキットである。

2.製作コンセプト

筆塗りで作る。
余っている塗料だけで作る。塗料をこのために新しく買わない。
タミヤアクリルとアクリジョンを混ぜるなど、かなり実験的な製作なので、良いやり方ではない。
良い子は真似しないように!(笑)真似して失敗しても知りません。

3.製作

3.1.組み立て

ヒケはあったが、気にしないことにする。

翼上面

ちょうどこの裏に主脚格納部のモールドがある。

すぐに基本組立完成。

3.2.塗装

裏面の塗装

裏面はライトブルーにしようと思った。主にタミヤアクリル(水性)で筆塗りしようと思ったが、青系を所有していない。アクリジョンのスカイブルーがあった。
今回新しく買わず、余っている塗料だけで塗ろうと思ったので、タミヤアクリルとアクリジョンを混ぜて使った。かなり強引。

※タミヤアクリルとアクリジョンはどちらも水性同士ではあるが、アクリルとエマルジョンで系統が異なるので混ざりにくい。塗れないことは無いが成分が分離するので基本的にはやらない方が良い。

2機の機体下面

4回位塗り重ねた。

表面の塗装

ぼかした点々のような模様は、綿棒にちょっと塗料付けて、ちょんちょんと付けた。

迷彩模様は筆で書く。

明るめのグリーンもクリアグリーンしか持ってなかったので、無理やり。

他の塗料は写真のような感じ。

塗料の写真小さくて見えないって?参考にしなくていいです。

プロペラ先端の塗装

塗装図を見るとプロペラ先端がめんどくさい。

なんでこんなにめんどくさいんだと思いながらも、気合と忍耐で塗り分ける。

3.3.デカールと仕上げ

デカール

デカールを貼る。とってもちっちゃいデカールがある。1/144だもんな。

デカール

ピンセットで取れなかったので、極細面相筆の先端ですくい取る。

気合と根性で貼る。ルーペの類がないと無理な作業である。

機体先端

右に写っているのは、爪楊枝の先端である。鋭利な先端が丸く見える。

仕上げ

機体が結構、テカテカである。そういえば、光沢の塗料沢山つかったもんな。
つや消しにしたい。上からつや消しを塗ることにした。

あくまでも筆塗りにこだわる。上塗りも筆で!しかしこれが失敗。

機体後ろ

上から水性ホビーカラーのつや消しクリアを筆で塗ったら、塗装面が一部溶けた。
専用溶剤でなく水で溶いても、またタミヤのつや消しクリアでも同様に溶ける感じである。

結論:水性塗料の上から、筆で、つや消しクリアを塗ってはいけない。

試してないが、缶スプレーなどで水性のつや消しクリアをさーっと軽く吹く分にはOKだと思う。
筆でこするから、塗膜が剥がれて持って行かれるのだ。スプレーだと塗料が乗っかるだけなので。
エアブラシ持ってない人は、缶スプレーを買え。

まあ、なんとか修正し、伸ばしランナーでワイヤーを貼って完成。

4.完成写真

1/144なので小さいです。

完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真
完成写真

5.使用したもの

5.1.使用キット

SWEETから何種類かメッサーシュミット出ているが比較的安かったので。

5.2.使用塗料

余った塗料を使ったので、参考にならない(参考にしない方がいい)ので書かない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました