F-14Aトムキャット 1/144(エリア88)製作しました

スケールモデル
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14A トムキャット ミッキー・サイモン機

F-14Aトムキャット 1/144をエリア88のミッキー・サイモン仕様で製作しました。金型はRevell社のもので良キットです。

1.使用キット

ACE製トムキャット箱

製作に使ったキットは、『ACE CORPORATION F-14A Black Tomcat 1/144』だ。ランナーが黒だが、塗装するので何色でもいい。黒立ち上げしやすいと考えればランナー黒は便利かも。

1.1.キットの特徴

・駐機状態、飛行状態選択式
 駐機状態と飛行状態どちらでも組めるようにそれぞれのパーツが付いている。

・コックピットあり、パイロットフィギュアなし
 射出座席、操縦桿、計器盤が部品としてあり満足できる精度。パイロットフィギュアは無し。

・可変翼は可動式
 トムキャットの特徴的は可変翼は、このキットでは可動式になっている。

・ミサイル、増槽あり
 フェニックス×2、スパロー×2、サイドワインダー×2、増槽タンク×2が付属。

・凹モールド
 1/144なのでやや細くて浅い感じだが、スミ入れは問題なく可能。

・パーツ同士の精度良好
 ピッタリ合う。全く問題なし。

1.2.金型はRevell社

このACE社のキットだが、金型はRevell社である。 どちらも同じと思っていい。

デカールは、Revell社の方が豊富。

2.製作コンセプト

・エリア88に登場するミッキー・サイモン機として製作する。
・ミッキー・サイモンのパーソナルマークは自作する。
・飛行状態として製作する。
・胴体内に磁石を仕込んで飾れるように。
・パイロットフィギュアは自作する。
・山岳基地時代の後期型として製作する・・・だったが、途中で、砂漠基地時代の前期型に変更して製作した。

3.製作

3.1.組み立て

3.1.1.コックピットの製作

コックピット写真

パイロットは WAVE製『1/144スケール モビルスタッフ』を切ったり貼ったりして改造する。

パイロット自作写真

酸素マスクのホースの部分を伸ばしランナーで作った。

コックピット部分
完成したコックピット部分

合わせ目消しで消えたモールドをカッターで復活させた。

3.1.2.胴体部の製作

ゼリータイプの瞬間接着剤で磁石を接着し、胴体を組み立てる。

胴体の完成

3.2.塗装

3.2.1.胴体の塗装

ランナーが黒の状態から、アルティメットホワイトを吹いて、機体色を吹く。
コックピット周りの黒の部分は、マスキングしてつや消しブラックで塗装。

緩いカーブを描いているので、細切りしたマスキングテープでマスキングする。マスキングしていたら、後部座席が取れてしまった。

これは、ミッキーが後部座席を外せと要求しているのだと判断。後部座席を外した砂漠基地での前期型で製作することにした。

座席周りの写真

尾翼先端をイエローで塗装していたが、グレーに塗り替えた。

塗り替え

これは、前期型(砂漠基地)はグレー、後期型(山岳基地)はイエローだと思っていたからだが、前期型のカラー絵は無いのでわからない。後期型はグレーとイエローの2説がありそうだ。

3.2.2.キャノピーの塗装

キャノピーは裏からつや消しブラックで、筆でフリーハンド(マスキングなし)で塗装した。

表から見ると光沢になるが、これで良い印象だったのでこのまま。

3.2.3.スミ入れ

Mr.ウェザリングカラーのブラックとグレーを1:1で混ぜてスミ入れした。

スミ入れ写真

3.2.4.その他の塗装

濃いグレー部分を塗装。

航空灯をエナメルのクリヤーブルー、クリヤーレッドで塗装。

エンジンノズルと着艦フックを塗装。

エンジンノズル、着艦フック写真

ミサイル、増槽も塗装したが、取り付ける予定はない。

ミサイル写真

3.4.デカール

3.4.1.パーソナルマークをインクジェットデカールで作成

インクジェットプリンタでミッキーのウサギマークを自作する。白は印刷できないので、白を塗装した上から透明デカールを貼ることにした。

ウサギマークだけ切り取ると、切り取った部分が段差になるので、パネル単位でデカール化した。

普通紙の設定で印刷しても、デカールで印刷した黒が若干茶色かったので、さらにウサギ部分をマスクして黒部分をデカールの上から塗装することにする。

最初に、水性クリアを吹いておきデカールを保護しておく。

普通紙に同じマークを印刷し、アウトラインに沿ってきれいに切り抜き、はがせるのりを使って、貼り付ける。

垂直尾翼先端のグレーとイエロー部分もマスキングしておき、マーク周辺を水性のブラックで塗装した。

尾翼写真

同じく、A88のマークもインクジェットデカールで作成し貼り付けた。

3.4.2.機体番号はテプラで作成

機体番号はテプラで作成した。

尾翼写真

山岳基地時代のミッキーのトムキャットの機体番号はF-1148Eである。しかし砂漠基地時代の機体番号は分からない。F-9148Eと推理したので、その番号を貼り付けた。

3.4.3.コーションマーク

キット添付のデカールが行方不明になったので、自作することにした。
極小だが気合と根性で貼り付ける。

エアインテーク部分はマスキングして塗装。

エアインテーク部分写真

144サイズでは文字までは書けなかった。

4.完成写真

F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14Aトムキャットプラモデル完成写真
F-14,F-104ジオラマ

飛行中のミッキーとセラ

F-14,F-104,MiG-21ジオラマ

ゲイリー・マックバーンのMiG-21とすれ違う

F-14,F-104,MiG-21ジオラマ

混戦状態になる3機

F-14,MiG-21ジオラマ

ゲイリーを迎え撃つミッキー

5.使用したもの

5.1.塗料

〇サーフェイサー:未使用
下地:031アルティメットホワイト(G)
上面:C315グレーFS16440(C) ちょっと黄色っぽいグレー
下面:C316ホワイトFS17875(C) アイスクリーム色
■コックピット周りの黒:C33つや消しブラック(C)
垂直尾翼の黄:C329イエローFS13538(C) ややオレンジ寄りの黄色
■垂直尾翼の黒:X-1ブラック(TA)
航空灯: X-23クリヤーブルー(TE)、X-27クリヤーレッド(TE)
キャノピー前面: X-23クリヤーブルー(TE)
エンジンノズル(前方):LP-38フラットアルミ(TL)→C61焼鉄色(C)
エンジンノズル(後方):C61焼鉄色(C)
■フィギュアヘルメット: X-1ブラック(TA)
フィギュア顔:XF-15フラットフレッシュ (TA)
■フィギュアスーツ:XF-85ラバーブラック (TA)
デカール保護:X-22クリヤー(TA)
▼スミ入れ: WC01マルチブラック(W) + WC06マルチグレー(W)
△ウェザリング:未使用

※(C)クレオスMr.カラー、(G)ガイアノーツカラー、 (M)モデルカステン、 (TE)タミヤエナメル 、(TA)タミヤ アクリル、(TL)タミヤラッカー、(W)クレオスMr.ウェザリングカラー、(A)クレオス アクリジョン
※A→B:Aを下地に塗り、上からBを塗ったことを表す。
※A + B:AとBを混ぜて使用したことを表す。

5.2.使用キットのリンク

ACE製が見つからない(もう入手できない?)ので、欲しい人はRevell社製を買ってください。

Revell社製 F-14 トムキャット 1/144

ドイツレベル 1/144 F-14A トムキャット ジョリーロジャース 04021 プラモデル

WAVE製 1/144スケール モビルスタッフ

WAVE オプションシステム シリーズ 1/144 モビルスタッフ

パイロットが付属していないので、これを改造すると良いです。

<ホームに戻る>

コメント

タイトルとURLをコピーしました