ガンダムMk-Ⅱ(HGUC)を製作しました

ガンプラ

1/144ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)を製作しました。

RX-178 GUNDAM Mk-II 完成品

キット内容の確認

使用キットは、 HGUC193 RX-178 GUMDAM Mk-Ⅱ[A.E.U.G]

HGUC193 外箱
HGUC193 RX-178 GUNDAM Mk-II (BANDAI)

製作コンセプト

同じ職場の人がどうやら Mk-Ⅱが好きらしい。ウォルは初代ガンダムの方が好きだが。 Mk-Ⅱも割と好きなので作ってみることにした。普通はつや消し仕上げにするのだろうけど、パール系の仕上げにしてみたくなった。

仮組

仮組した。うんカッコいい。

しかしやはりREVIVE 版、脇腹が細すぎるし肩が怒っている。あまり細すぎると弱そうに見える。他の問題は足の裏に肉抜きがある。足の裏の肉抜き、対処が難しいので勘弁してほしい。

造形

ヒケ処理

何か所かヒケがあるのでヒケ処理

エッジ出し

シャープな印象にしたいので、何か所かエッジ出しを行った。
バンダイ製のプラモデルはC面があるが、スケールの小さいモデルでは、エッジを出した方が精密に見える。

頭のアンテナのフラッグ除去し、シャープになるよう削っておく。やりすぎると弱くなりそうなので削るのは少しだけにしたおいた。

逆に、腰や脛のアーマーはエッジを丸めてみた。鉄板を曲げて加工したイメージである。

スジボリ追加

スジボリを何か所か追加した。

アトハメ加工

頭部は合わせ目を消すために、アトハメ加工した。

緑丸の部分を切り落としたが、ヘルメット部分にフェイス部分が入らないので、さらに赤四角の部分を削り落として、入るようになった。

胴を太く

ウエスト部分が細すぎので、0.5mmプラ板を貼って太らせた。

肉抜きを埋めた

バルカンポッドの裏と、足の裏に肉抜き穴があるので埋めた。
バルカンポッドは難しくないけど、足の裏が難しい。
HGUC191のRX-78-2を製作したときは、プラ板で塞いだけど、今回はエポキシパテで埋めた。

足の裏の肉抜きを埋めることがとても難しい。埋めた後削っても綺麗に平らにならない。造形で一番上手くいかなかった箇所だ。

腰の前アーマーは左右別々に稼働するように分割した。

塗装

重圧感を出そうかと思って、下地をグロスブラックで塗装した。黒立ち上げである。その後、白パーツはアルティメットホワイトで塗装。

一通り各パーツを基本塗装したところで、組み立てて確認。妙に細いな。きちんとはまっていないこともあるが、エッジ出ししたので直線直角が細く見える原因かもしれない。エッジ出ししない方が良いのかなあ?

各パーツをMr.クリスタルカラーで塗装。紺色はアメジストパープルとサファイアブルーを1:1で混合。

ビームライフルは焼鉄色とグラファイトブラックで塗り分け。バズーカ砲の白はボディの白と異なる白にしたかった。C311グレーとファントムグレーで塗り分けた。

ツインアイはクリアパーツとなっていて、キラキラさせるためのホイルシールも付属してるが、全然キラキラしない。クリアパーツのグリーン色が濃く、パーツが厚すぎるためだと思われる。仕方ないのでホイルシールのツインアイの部分を切り取って貼った。

モノアイやセンサー類は、下地にシルバーを塗った後、クリアグリーンを塗装した。

デカール貼り

RG用のデカールを貼った。

RGは所有していないので、どれをどこに貼ればよいのかわからない。全部は貼っていない。

仕上げ

スミイレを行った。クレオスのマルチブラックとマルチグレーを使用した。マルチブラックとマルチグレーの中間色が欲しい。いつもマルチブラックとマルチグレーを混ぜて使っている。

デカール保護、パール塗料使用のため、 光沢クリア(GX100スーパークリアⅢ)を吹いておいた。

使用塗料

白: GX2ウイノーブラック→031アルティメットホワイト(G)→XC01ダイヤモンドシルバー +GX100スーパークリアⅢ
青:GX2ウイノーブラック→XC04アメジストパープル+XC05サファイアブルー+GX100スーパークリアⅢ
赤:C100マルーン→XC03ルビーレッド→GX100スーパークリアⅢ
黄1:GX2ウイノーブラック→ C9ゴールド
黄2:GX2ウイノーブラック→C8シルバー→C9ゴールド
■バックパック:AVC01グラファイトブラック
■ビームライフル: AVC01グラファイトブラック 、C61焼鉄色
■ バズーカ砲:C311グレーFS36622、UG15ファントムグレー
センサー:X11クロムシルバー(T)→X25クリヤーグリーン(T)
▲スミイレ:WC01マルチブラック、WC01マルチブラック+WC06マルチグレー
※(G)ガイアノーツ、(T)タミヤエナメル、それ以外はクレオス
※A→B:下地にAを塗って上からBを塗った。
※A+B:AとBを混ぜて使用した。

撮影

使用キット

HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

RGは素組&デカール貼りで終わるならいいけど、部品多いから、仮組後、分解塗装して元の状態に戻せる自信が全くない。HGUCを色々いじるのが良いと思う。

まとめ

プロポーションは良いが、REVIVE版によくある、脇腹の細さ、肩が怒っている、足の裏の肉抜きが気になった。特に足の裏の肉抜きはREVIVE版の鬼門だな。しかし、パール系塗装も良い感じに仕上がったので満足である。

<ホームに戻る>

コメント

タイトルとURLをコピーしました